熊本県 澤田和宣さん

シェアする

ミニトマト(小鈴)
熊本県 澤田和宣さん

甘くて美味しい、フルーツのようなミニトマト

澤田和宣さんのミニトマトはまるでフルーツです。

そのミニトマトを食べた人たちは驚きます。

甘くて美味しい

フルーツ感覚で毎日食べられる

ミニトマトらしく、プチッと弾けてくる食感がすごい

まるでフルーツのようなミニトマト、甘くて美味しいんです。

メディアにも注目されるミニトマトです。

澤田さんのミニトマトはメディアにも注目されています。

  • 取材実績
    • 熊本日日新聞
    • 全国農業新聞

熊本日日新聞は「熊日(くまにち)」の愛称で呼ばれる、熊本県で購読率が最も高い新聞。

地元熊本でもそれだけ注目されているミニトマトなんです。

澤田さんの経歴は少し異色です

メディアに注目されるほどのミニトマト。

ですが、実は澤田和宣さんはずっとトマトを作っていたわけではないんです。

以前は公務員でした。ですが、いとこがトマト農家をやっていたこともあって、それを見ているうちに

自分もやるぞ!いいトマトを作ってやる!美味しいトマトを!

と決断したそうです。

この決断が今の美味しいミニトマトにつながっていくわけです。

最高のミニトマトを栽培する

澤田さんは最高のミニトマトを栽培する努力をしている、と語ります。

長期の栽培になるので最初から最後までこだわります。

高い品質、安定した出荷をしていくために、炭酸ガス、肥料、窒素、カリウムをこだわり尽くし、活かすようにして、最高のミニトマトを栽培していきます

さらにこう語ります。



「粘り気のある土壌。その特色を活かして、ミニトマトのヘタの新鮮さとツヤ、そして糖度のあるミニトマトを栽培しています

澤田さんのミニトマトは、だからこそ「ブランド力のあるミニトマト」になっているいるわけです。

美味しく食べてもらうために…

澤田さんは消費者に美味しく食べてもらうことに強くこだわっています。

消費者の皆さんに美味しく食べてもらうために、農薬の使用をできるだけ控え、真っ赤に完熟してから収穫することを意識しています。

消費者の皆さんに美味しく食べてもらうようにしています

さらに選別基準を高くして、高品質のミニトマトをお届けするように細心の注意を払っているといいます。

澤田さんは語ります。

味を最高にするため、品種から食味の良いミニトマトを選んで、最高のミニトマトを栽培していきます。

そして、通常のミニトマトより日持ちを最高のものにするため、ミニトマトのヘタの新鮮さに特化して、日がたってもピンピンしたヘタになるようにこだわっています

さらに出荷時も違います。

オリジナルの箱などを使うことで、通常のミニトマトと差別化した「ブランド力の高いミニトマト」になっているわけです。

イノベジに全て一任しています

イノベジとの取引は創業からで「4年になります」と澤田和宣さんは語ります。

イノベジには創業当時から出荷していて、4年になります

イノベジ以外には出荷していなくて、イノベジに全て一任しています。

信用していますし、安心して任せられるのがいいんです