熊本県 野中農園 野中邦秋(くにあき)さん

シェアする

アイコトマト
熊本県 野中農園 野中邦秋(くにあき)さん

甘くて美味しくて
新鮮でみずみずしい

野中さんのトマトを食べた人はその感想をこう言います。

とても甘くておいしい

新鮮でとてもみずみずしい

「甘い」「美味しい」「新鮮」「みずみずしい」などの声があるトマト。

だからこそ、こんな声もあがるんです。

実家の両親にも送りたい

大切な人にも送りたくなるほどのトマトです。まだ食べていない人はぜひ試してみてほしいトマトなんです。

野中さんがトマトを作るようになった理由

野中さんに「なぜ、トマトを作るようになったのか」とその理由について尋ねたところ、驚いてしまう言葉が返ってきました。

もともとは家電販売員だったんです

家電販売員だった野中さんがなぜトマトを作るように……と続けて聞くと。野中さんはこんな風に答えました。

父がミニトマトを作っていたんですよね。

そして自分の結婚を機に農業をはじめたんです。

より甘く美味しいトマトを作りたい』という想いからアイコトマトを作ることにしたんです

安全で品質の高いトマトを作る

他の畑との違いについて、野中さんはこう語ります。

干拓地(砂地)なので、水はけがとても良いんです。

だから、甘味のあるトマトができるんです

※トマトは水はけが良い土を好む性質があり、水はけが良いと高糖度となる

さらに生産する上で気をつけていることは何か、と尋ねると、野中さんはこう答えます。

安全で品質の高いトマトを作ることを特に意識しているのですが……

野中さんは続ける。

週2、3回の葉面散布をすることによって、病気を寄せつけなくし。さらに減農薬を心がけていますね。

そうすることで、安全で品質の高いトマトを作っています。

子どもからお年寄りまで安全で美味しく食べることができるトマトを、です

※葉面散布:植物は養分を根から吸収するだけでなく,葉面からも吸収できる。そのため、肥料成分を水溶液にして葉面に噴霧し,葉から養分を補給させることを葉面散布という

さらに安全で品質の高いトマトを作るために

生産した作物(アイコトマト)は他の生産者の作物と違いはありますか、と尋ねると野中さんは次のようなことをあげました。

  • 化学肥料はなるべく使わず、有機肥料での栽培
  • 酵素、糖蜜、アミノ酸をなるべく使う
  • たい肥は一切使わない
  • 液化炭酸ガスの使用(光合成の促進)

まさに安全で品質の高いトマトを追求しているわけです。

イノベジは新鮮なまま消費者に届けてくれる

野中さんは協力企業のイノベジについて、こう語ります。

イノベジとの取引は今年で2年になります。

特に満足しているのは、採れたてのトマトを新鮮なまま、消費者に届けてくれること。

それに……何かわからないことがあってもすぐに連絡がとれるし、相談もできるので安心なんですよね

満足しているんです、という表情になって語られていました。